聞こえを補助する機器|誰もがなる可能性がある鼻づまり【放置しておくと危険な症状】

誰もがなる可能性がある鼻づまり【放置しておくと危険な症状】

ドクター

聞こえを補助する機器

カウンセリング

脳に慣れさせる

補聴器をつけないことによって難聴が進行してしまった人や、仕事やコミュニケーションで問題を抱えるようになった人が、多くなってきています。補聴器を着用した時にはすでに高度な難聴になっていて、補聴器を着用することによる恩恵を受けられなくなっているケースも少なくはありません。脳は絶えず刺激を受けていないとどんどん衰えていってしまいます。できるだけ早いうちから着用していないと、補聴器をつけても長期間耳鼻科での難聴のリハビリが必要になってきてしまいます。また高齢になってから補聴器を着用したときには、補聴器を使いこなすことができなくなっているケースもあります。脳が補聴器に慣れて本来の良さを実感するまでには3〜4か月かかります。

聞こえの状態に合わせて

高性能化、小型化したデジタル補聴器は見た目もおしゃれで色や形のバリエーションも豊富になっています。つけていることがほとんどわからないタイプのものもありますが、あえて目立つ形や色のものを選んでアクセサリー感覚で着用する、若い人たちもいます。携帯端末とリンクさせられるタイプのものは、音楽を聴いたり電話をしたりとイヤホンみたいな感覚で、楽しみながら使用することができます。また使用する環境や個人の好みや難聴の状態に合わせて、聞こえ方を微調整あるいは自動調整することも可能になってきています。自分の好みや生活にあったものを見つけて、快適に聞こえの世界を楽しんでいくというのが、今現在の補聴器になっています。